WEBサイトはガラケ―対応にしてほしい

WEBの利用とガラケ―の存在について思うこと

WEBサイトはガラケ―対応にしてほしい WEBの利用とガラケーの存在について思うことですが、ガラケーとは、ガラパゴスケータイという意味の略語で、ガラパゴス諸島で独自の進化が起きたように、日本でしか見られない方式の携帯電話のことを指して言います。ここ数年では、スマートフォンが一気に普及し、ガラケ―と呼ばれる携帯電話の利用者というものがどんどんと減ってきているように見受けられます。それでも、タッチパネルの利用に違和感を感じているような方や、高齢で簡単な内容の携帯電話を利用したいというような方には、ガラケーの利用者がまだまだ多くいらっしゃるような気がします。ただし、昨今のWEBサイトの利用について考えてみますと、ガラケーよりもスマートフォンなどのほうに軍配があがってしまうようです。
それはやはり、画面の大きさであったり、グローバルスタンダードということで、さまざまなサイト内容との互換性がとても良いということもあるのではないかと思います。最近、モバイルコンピューティングの環境がとても向上してきているということもあり、スマートフォンの性能も同等レベルに上がってきている部分が大きいのではないかと思います。やはりアプリケーションソフトの利用などを考えてみますと、ガラケーとスマートフォンでは大きな差があるのが現実ではないでしょうか。電話中心の利用であれば、ガラケーが便利な部分もありますが、やはり時代の流れとともに進化の行く末が変わってゆくのではないかと考えています。

Copyright (C)2022WEBサイトはガラケ―対応にしてほしい.All rights reserved.